久しぶりに 科学の話を聞きに行ってきたんや。

t_20160624 歯と骨の話 阪大歯学部病院 サイエンスカフェ

乳歯が生え変わるとき
実は 骨を溶かしながら
下から 永久歯が生えてくるらしいですわ。

へぇ~ 大人になってから
骨が溶けてしもたら、
歯周病なんやけどなぁ。

骨の中には

 a.   骨芽(こつが)細胞
b.    骨(こつ)  細胞
c.破骨(はこつ)細胞

ちゅうんがあって、

最初のa.bは 骨をつくり、維持する細胞。

最後のcは 骨を壊して、骨の中にある
カルシウムをとりだす細胞やそうですわ。‥ d

骨は 実は、うちらの体のカルシウム貯蔵庫なんやって。

体の中の99%のカルシウムが骨の中に
蓄積されとって、

あとの1%は 血液中にあって、
それが 筋肉(心臓を動かしたりする)を
収縮させたり、
神経伝達なんかを
司ったりしとるそうや。

カルシウムは小腸で吸収され、
血液で運ばれ、
骨に 蓄積され、
dで骨から溶け出したカルシウムが
また、血液によって運ばれ、
腎臓で捨てられるんやって。


普通は aとcのバランスが取れてるけど、
cの方が多なって、バランスが崩れたら
骨粗鬆症になるらしいです。


骨の機能を調整しとるホルモンや物質の話も聞いたで。

その中で
炎症性サイトカインっていう物質は
歯垢に よぅさん存在しとって、
その物質が 破骨細胞を活性化するんで、
歯周病を防ぐには
歯垢をとる以外にないそうですわ。
そやけど、その方法は
歯磨きしかないんやそうですわ。

今日から しっかり歯磨き 歯磨き‥(笑)

病院前に
面白い 時計台を見つけたんで、
一枚

tb_20160624 阪大歯学部病院 17560000

ちょっとややこしいけど、
一応 覚書( *´艸`)