今日は 仕事帰りの相方と待ち合せて
市主催のクラシックの最終公演に
出かけたんや。

 開演ぎりぎりやったけど、
なぜか 前の方の席が
空いてて
こんな近いとこで聴くのは初めてや って
ゆうほど 前の席で聴いた。



bt_img026

モーツアルトの魔笛の序曲

ブルッフの ヴァイオリン協奏曲

ベートーベンの 運命


アンコール曲は
アンダーソンの
 「プリンク プランク プルンク」

なかなか 面白い曲やったなぁ。


そうゆうたら
前に 河口湖に行ったときに
オルゴール館で聴いた
「タイプライター」
この人の作曲やった。



今回は 3回応募して
全部 行くことできたんやけど、

実は 競争率は3倍強やったらしいですわ。

どれもこれも 素晴らしかったなぁ。

来年も どうか また 当たりますように。



ところで、
帰り 駅のホームで
電車待ちしとったら、
大急ぎで 通り過ぎる男性が
居たはった。

目が合って  びっくり

楽団の指揮者 I さんやったんやぁ。

思わず、お互いに
挨拶してもぅたわ。
(笑)