2005年09月16日

小学校の時の遊び

某 掲示板で
「あんたがた どこさ 肥後さ
肥後どこさ…」の
歌のことが 載っていて
フッ サルっと 思い出した遊び歌。


ゴムを 並行に 2人の人が ひっっぱって 
跳ぶ人は 手前のゴムに
足にかけ、次に 向こう側のゴムを越して
また 戻ってきて また向こうへ…と
歌に合わせて リズムカルに足を動かす遊び。

最後を どんな風に終わったのか 忘れたけど、
そのときの 歌が
「大楠公(だいなんこう)の歌」の 替え歌や。

大楠公=楠 正成 のことや。

「♪ 青葉しげさん 
昨日(さくじつ)は 
いろいろ お世話になりました。
わたくし 今度の 日曜日 
とうきょ(東京)の 女学校に参ります。
みなさん よくよく お勉強 なさってください。
 さよぉなら?♪ 

ちゅう 歌なんやけど みんな 知らんやろぅなぁ…。

もと歌の

?青葉 茂れる 桜井の
 里の わたりの 夕まぐれ
 木(こ)の下陰(したかげ)に 駒とめて
 世の行く末を つくづくと
 忍ぶ鎧の袖の上(え)に
 散るは 涙か はた 露か

?正成(まさしげ) 涙を 打ち払い
 我子(わがこ) 正行(まさつら) 呼び寄せて
 父は 兵庫へ 赴かん
 彼方(かなた)の浦にて 討死にせん
 いましは ここまで来(きつ)れども
  《私は この部分は     「汝は ここまで 来たれども」 と 思っとった。 
とくとく 帰れ 故郷へ

も 今の大阪の人 どれだけ 知っとるやろうなぁ
…。

at 21:44│Comments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 思い出 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ふきのとう。   2005年09月17日 08:07
うちの田舎は、
「きしけいこ」の歌でやってたわ。
♪き?しきしきしきしけいこ?(岸岸岸岸恵子?)
サンダル履?いたお嬢さん
それを見ていただんな様お腹を抱えてわっはっは?♪
ていう変な歌なんだけど、
「きしけいこ」の部分が「きし」っていうダンスの稽古のことだっていう説もあったりして、
旧友といつも真相の追究しようとするんだけど、
謎なのよね?
大阪の歌は、知ってる人いそうじゃないの??
2. Posted by ち?ちゃん   2005年09月17日 08:40
そうそう この歌は
母も 歌っとったよ。
もしかしたら 祖母も歌っとったかも…。
何といっても 「女学校」やからなぁ。
3. Posted by ラブっち   2005年09月17日 22:42
え?、そんな歌知らんな?。
そのゴム飛びの遊びはしたけど、どんな歌やったかな?。
忘れてしもうたわ?。
4. Posted by ラブっち   2005年09月17日 23:07
調べてきました?。(^_^;)
一かけ二かけて  (ゴムとびうた)

一かけ二かけて三かけて
四(し)かけて五かけて橋をかけ
橋の欄干(らんかん) 手を腰(こし)に
はるか向こうをながむれば
十七、八の姉さんが
片手に花持ち 線香(せんこ)持ち
もしもし姉さん どこ行くの
私は九州鹿児島の
明治十年 三月三日
切腹(せっぷく)なされた父母の
お墓(はか)参りにまいります
拝(おが)んだ後から 幽霊(ゆうれい)が
ふーわり ふわりと ジャンケン ポン
後半の「私は九州の?」は、ホント、すっかり忘れておりました。
こんな歌だったのかな・・・。
この辺りは、更なる替え歌していたのかも・・・。(-_-;)
5. Posted by ち?ちゃん   2005年09月17日 23:47
ラブっちさんのところの歌も
なかなか 歴史がありますね。
明治やら 切腹やら…。
6. Posted by ふきのとう。   2005年11月17日 18:28
ここはできるのかな?
<A Href="http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/aobashigereru.html">青葉茂れる桜井の</A>
7. Posted by ふきのとう。   2005年11月17日 18:29
ここは、タグ不可だったわ?
遊びすぎだっちゅうの?
8. Posted by ち?ちゃん   2005年11月17日 20:36
あらあら 残念やったね。
実は 私も 掲示板に 試したんやけど
ムリやったわ。アハッハッ
なんか方法あるかもね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新コメント